赤ちゃんの腹痛:赤ちゃんの腹痛のサインと対処法

赤ちゃんが火がついたように泣いている時は・・・

赤ちゃんは泣くのがお仕事。
おなかがすいた時に、おしめが濡れている時に、おねむさんの時に、
赤ちゃんは泣くことでパパやママにお話するのです。
初めて赤ちゃんが生まれた時は、赤ちゃんがすぐ泣くことにアタフタしてしまうかもしれませんが、
そのうち慣れてきて、ちょっとやそっとでは驚かなくなってきますよね。
でも、なんでもなかったのに赤ちゃんが突然火がついたように泣きだしたら・・・
「これはいつもと違う!」と気づいてあげてください。
いつもと違う赤ちゃんの泣き声は、赤ちゃんのSOSかもしれないからです。

赤ちゃんが腹痛を訴えていることにまず気づいてあげましょう

赤ちゃんが大泣きしている時は、一緒にうろたえてしまうかもしれませんが、
落ち着いて赤ちゃんの様子を観察してみてください。
赤ちゃんがどのように泣いているのかによって、なにが嫌なのか、どこが苦しいのか、
ある程度わかります。
特に赤ちゃんが腹痛を訴えている時は独特のサインがあるので、
それを見逃さずにサインをうまく受け取ってください。

その上で、様子を見たほうがいいのか病院に連れて行ったほうがいいのか、
しっかり判断して、的確に対処しましょう。
何もせずにオロオロしてしまうのは、気持ちはわかりますが、やってはいけないことです。
赤ちゃんが大泣きしているからこそ、親は冷静になってください。

赤ちゃんの腹痛:記事一覧

赤ちゃんの腹痛についての記事リストです。