ミルクアレルギーについて

ミルクアレルギーとはこんな病気です

ミルクアレルギーは腸管アレルギーとも呼ばれ、ミルクが原因で赤ちゃんにおこるアレルギーです。
新生児のミルクアレルギーについては、まだはっきりしていない部分も多いのですが、現時点では「牛乳蛋白に対する食物アレルギー」と考えられています。具体的には、牛乳蛋白に含まれる「抗原活性の強いαS1カゼインとβラクトグロブリン」がアレルギーを引き起こしているのではないかと考えられています。

症状としては嘔吐や下痢、腹部の膨満、血便などが起こります。
でも、赤ちゃんはよく吐くし、下痢と通常の便の区別もつきにくいので、なかなかミルクアレルギーに気づかないことも多いです。
症状がひどくなると、発疹が出たり呼吸困難になることもあります。
赤ちゃんが普通にミルクを飲んでいても、嘔吐を繰り返したり、下痢が続いたり、体重の増加が良くない時はミルクアレルギーを疑う必要があるかもしれません。

ミルクアレルギーへの対処法

ミルクアレルギーの赤ちゃんに対して一番いいのは、ミルクをやめて母乳をあげることです。
母乳にはαS1カゼインやβラクトグロブリンが含まれていないので、アレルギーの心配はありません。
ただし気をつけなければいけないのは、母乳を上げるお母さんも乳製品は摂ってはいけないということです。
お母さんが乳製品を摂っているとそれが母乳に混ざってしまうので、乳製品を摂取しない状態で母乳をあげて下さい。

母乳があげられないのであれば、ミルクアレルギーの危険のないミルクを飲ませてあげることになります。
森永乳業の「ニューMA-1」などの加水分解乳や味の素製薬の「エレンタールP」などのアミノ酸乳がミルクアレルギーの赤ちゃん向けのミルクになります。
こうしたミルクアレルギーのないミルクをあげるには、まずお医者さんに行って指示を受けて下さい。