乳幼児の便秘:原因と対処法

乳幼児の便秘の原因

母乳やミルクを飲んでいる授乳期の赤ちゃんはほとんど便秘というものを知らないのですが、離乳食を始めると、便秘になってしまう赤ちゃんがぐっと増えてきます。
それは、ミルク以外の食べ物を口にすることで、腸内に悪玉菌が発生するからなのですね。
それともうひとつは、ミルクを飲む量が減ることで、水分が減ったためにうんちが硬くなり、それが詰まってしまって便秘になる場合もあります。
特にうんちが硬い場合、そのために肛門が切れてしまって痛くてうんちができない、という事もあります。その場合赤ちゃんがうんちをするのを怖がってしまうことにもなるので、早めの対策が必要です。
また、うんちが硬くなってくるのに対してまだ赤ちゃんの筋量がたりないためにうまく排泄ができない場合もあります。
意外に見過ごされがちなのが、食事量がじゅうぶんでない場合。
赤ちゃんが便秘になると、食欲が減退します。そのため、じゅうぶんに食べたと思っていても、実はまだ食事量が足りていないケースがあります。
食べさせ過ぎは肥満につながるので避けるべきですが、発育がじゅうぶんかどうか観察して、きちんとした食事量をあげてください。

乳幼児の便秘の対処法

乳幼児の便秘の対処法については、まずは食事に気をつけましょう。
できるだけ繊維質の多い食事を心がけて下さい。繊維質はうんちのかさを増やすので、うんちが出やすくなります。
また、マルツエキスやオリゴ糖などは浸透圧作用でうんちに水分を取り込み、やわらかくする作用があるので、硬いうんちが出る赤ちゃんには特に効果的。
その他には乳酸菌を含んだヨーグルトやサプリメント、便のすべりをよくするオリーブオイル、またプルーンやバナナなども便秘に効果を発揮します。
でも、そればかりを食べさせるのはよくありません。バランスの良い食事の中に効果的に取り入れて下さい。

食事以外では、ベビーマッサージが効果的です。
赤ちゃんのおなかを「の」の字を書くようにさすってあげることで腸が刺激され、便が出やすくなります。
また、ストレッチなどで運動不足を解消してあげるのもいいでしょう。
その他には赤ちゃんのおなかをあたためてあげるのも効果があります。腹巻などをしてあげてみてください。

それでも出ない時には・・・

上にあげた対処法を試してみても効果がない時には、綿棒浣腸を試してみましょう。
綿棒浣腸はやりすぎなければ便秘解消に非常に効果があります。
綿棒浣腸のやり方についてはこちらのページで解説します。

もし綿棒浣腸をしても効果がない場合は、もしかしたら赤ちゃんの体に問題があるかもしれません。
そうした危ない病気については、こちらのページで解説します。
このページを読んで、該当する箇所がある場合は、お医者さんに診てもらいましょう。