乳幼児の慢性下痢:原因と対処法

乳幼児の慢性下痢の原因

赤ちゃんが風邪をひくなどして、たまに下痢をすることはよくありますが、それが慢性化してしまうと、ちょっと心配ですね。
そうした、慢性下痢の赤ちゃん、原因はいろいろ考えられます。
まずは、元々下痢しやすい体質、という赤ちゃんもいます。これはなんとかするのが難しいので、お医者さんと相談しながらできるだけ消化の良い食べ物を与えるようにして下さい。
また、慢性下痢の原因で多いのが、食物アレルギーです。
授乳期の赤ちゃんであればミルクアレルギーの可能性が濃厚ですが、離乳食を食べ始めてから下痢が続くようであれば、食物アレルギーかもしれません。その場合はアレルゲンである食物を正確に特定することが必要になります。これは血液検査などが必要なので、勘で「これじゃないか?」と決めつけずに、お医者さんに任せましょう。

意外と知られていないけれど多いのが、急性のウイルス性胃腸炎(おなかの風邪)にかかった後に「乳糖不耐性」を発症して下痢を起こすケースです。
乳糖不耐性についてはこちらで詳しく解説します。

その他、下痢の原因として潰瘍性大腸炎やクローン病なども考えられますが、非常に稀なケースです。

乳幼児の慢性下痢の対処法

慢性下痢の原因がミルクアレルギーや乳糖アレルギーで、まだ授乳期の赤ちゃんの場合は、アレルギーのないミルクや乳糖分解酵素を飲ませて対応します。
離乳食期に入った赤ちゃんで、食物アレルギーである場合は、そのアレルゲン物質を特定して、摂取しないようにします。
それ以外の場合でも、下痢をしやすい子に対しては食べるものは消化の良い物、刺激の少ないものを中心に、少量を何度かに分けて食べさせるようにして下さい。
そして水分補給を忘れずに。脱水症状になるのが一番怖いことなので。

特にミルクに関するアレルギーについては詳しく解説します。

授乳期の乳幼児のミルクに関するアレルギーが原因で下痢になることはとても多いのです。
こちらでそうしたミルクに関するアレルギーについて詳しく解説します。