乳糖不耐性について

乳糖不耐性とはこんな病気です

赤ちゃんが風邪をひいたりしてウイルス性胃腸炎にかかった後、食欲はあるのに下痢が治らない・・・ということがあります。
こうした症状の場合、乳糖不耐性になっている可能性があります。

赤ちゃんが母乳や粉ミルクに含まれている「乳糖」という栄養分を分解するためには乳糖分解酵素が働いてもらう必要がありますが、この分解酵素が胃腸炎の後などには一時的に働きが弱まることがあります。そのため、乳糖が分解されずに残ってしまい、下痢を引き起こすのです。
この状態を「二次性乳糖不耐症」と言います。
「二次性乳糖不耐症」は後天的なもので一時的ですが、先天的に乳糖分解酵素がない赤ちゃんも数は少ないですがいて、これはお医者さんの適切な治療が必要になります。

乳糖不耐性への対処法

胃腸炎が原因で発症した二次性乳糖不耐症は、しばらく時間が経てば治るので、症状が軽いようでしたら様子を見るぐらいで構わないのですが、もし心配な場合であったり、下痢の状態がひどい場合は、乳糖を含まない粉ミルク(ラクトレス、ソーヤミルク、ボンラクトなどのミルクがそれで、薬局で購入できます)をあげたり、母乳をあげる前に乳糖分解酵素のお薬を飲ませたりします。
そして、しばらくして乳糖分解酵素が元のように働き始めたことが確認された時点で、通常の母乳やミルクに戻します。
そのタイミングについては、お医者さんの指示をもらう必要があります。

いずれにせよ、「赤ちゃんが下痢だと思ったらまず病院へ」というのが鉄則です。
下痢は大きな病気がひそんでいる可能性があるので、軽く考えずに、急いで受診することをおすすめします。