赤ちゃんがミルクを吐く場合

赤ちゃんはなぜよく吐くの?

授乳期の赤ちゃんは、とにかくよく吐きます。
時には噴水のようにピューッと吐くことも。
赤ちゃんが盛大に吐くとびっくりしてしまいますが、
ほとんどの場合、心配ありません。
なぜ赤ちゃんはよくミルクを吐くのでしょうか?
その最大の要因は、赤ちゃんの胃の形にあります。

赤ちゃんの胃は、大人の胃と形が大きく違っています。
大人の胃は折れ曲がった横長の形をしていますが、赤ちゃんの胃は縦長で、とっくりのような形をしています。
なので、胃の内容物がすぐに逆流してしまうのです。

赤ちゃんが吐くもう一つの要素は、赤ちゃんは自分でミルクを飲む量を決められない、ということもあります。
赤ちゃんはおなかがすくとミルクを少しでも多く飲もうとして、いくらでもおなかにためこみます。
そのため、胃の中がミルクでいっぱいになってしまい、あふれたミルクが口から逆流してしまうのです。
これはお母さんがミルクの適量を知って、あげすぎないようにすると防ぐことができます。

また、ミルクを飲むときに一緒に空気も飲み込んでしまい、それを吐き出す際に一緒にミルクも出てしまうこともあります。
これはお母さんがミルクを飲ませた後に背中をポンポンと軽くたたいて、うまくゲップが出るようにしましょう。

こんな嘔吐には注意が必要です

このように、赤ちゃんが吐くのはよくあることなので、あわてる必要はありません。
ですが、吐瀉物の状態がおかしい場合は注意が必要です。
特に吐いた内容物に血が混じっていたり、緑色がかった液があったり、粘液が付着していたりした場合は
病気の可能性があります。
中には赤ちゃんの命に関わる病気がひそんでいる可能性もあるので、赤ちゃんの吐瀉物に異常がみられたり
赤ちゃんの様子がいつもと違う場合は、できるだけ早く病院に行きましょう。